海鮮汁~珍味開発物語~

海鮮汁

お弁当にあと一品。この美味しさ。女子社員だけではモッタイない。

海鮮汁 当社のいつものランチ風景。手作りの弁当持参の者もいれば、コンビニで買ってきたお弁当を食べる者もいる。

しかし、ある時期から女子社員の中では、これにプラス一品添えられるようになった。

それは汁物。どうも即席味噌汁らしいが、タダモノではない気配。

即席の味噌汁に何か美味しそうなものが混じっている。ある日はワカメ、またある日はエビ、シラス等々。それは当社商品の余剰品。

いつの世も女子たちは美味しいものをよく知っている。

これをヒントに海鮮汁は誕生した。

赤いエビの存在感!とろろが入ることで、豪華さがパワーアップ!

海鮮汁の開発物語

「味噌汁の具」として、同様の形態の商品は土産物売り場などで見かけることもあります。

ですが、それらと決定的に違うのはエビなど海のものが入った『海鮮汁』なのです。

大きめの赤いエビが豪華さを醸し出しています。カニ風味かまぼこも、さらに彩りを添えます。

そしてこの商品をパワーアップしたのが、とろろ昆布の使用。とろろが入ることで、具が下に沈まず見た目の美味しさを演出しています。

とにかく、「食べて」「見て」「使って」ひと味違う商品なのです。

宮崎産海老、羅臼昆布、富山県産白海老など、組合せる素材も増えています。

「ラーメンに入れたら美味しい」など、消費者からの提案の声も聞かれるようになりました。

日本テレビのお昼の番組「ヒルナンデス!!」に

取り上げられ、大好評だった商品です。

その他の珍味開発物語